しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

ゼロに戻る訓練をせよ。哲学者セネカによるシンプルライフの提唱

f:id:sizukura:20180517092552j:plain

■ゼロに戻る訓練。シンプルライフに戻りたい

最近読んだ「すらすら読める徒然草(著:中野孝次)」。

筆者の中野孝次さんが、徒然草との対比・類似として度々文中に取り上げるのが、古代ギリシャの哲学者セネカによる、哲学書の引用です。

 

 

 

日本と、ギリシャ

時代も場所も違えど、兼好法師と哲学者セネカは、同じ結論を書に記しています。

 

道(哲学)を志すなら、捨て難くとも今すぐ全てを捨てて、道へ入れ。

人というのはいつ死ぬか分からない、明日死ぬと思って今日を生きよ。

 

多少表現の差異はあっても、エッセンスは間違いなく同じです。

 

そんな中、哲学者セネカが唱えた習慣で是非やってみたいものを見つけました。

それは、〝ゼロに戻る訓練をせよ〟

 

”ゼロに戻る訓練”とは

月に幾日か日を決めて、固いパンひとつ、固いベッド、粗末な服で暮らす。

これだけで人は暮らせるのだ、と実感し、

よろこびがあることを知り、

学ぶ日を設ける。

人は贅沢を知ると戻れなくなり、物の奴隷になってしまう。

《すらすら読める徒然草より引用》

 

生きるに最低限の食べ物、服、寝床。

究極にシンプルに暮らすことで、普段の生活を戒め、富に心奪われない様にするのだ、と。

 

まずは月に一度くらいトライしてみたいです。

寝床は変えようが無いので良いとして。

服は…そうですね、シンプルなカットソーにデニムというところでしょうか。

 

 

f:id:sizukura:20180201181824j:plain

 

現代日本風に言えば、固いパンより玄米ご飯かな?

でもそのためだけに玄米を買うのは本末転倒。

1日だけ、と考えれば、ライ麦パンでも1つ買う方が良いかもしれませんね。

 

 

最近遠ざかっていたシンプルライフ

また頑張って目指したくなってきました。

究極のシンプルで生き続けるのは、私には難しそうですが、まずは出来るところから…

明日、ではなく今すぐに始めたいと思います。

 

 


 

↑古文と、筆者による訳文が同時に読め、非常に分かりやすいです。

シンプルライフへの処方箋。

一読の価値ありです。

 

 

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ

 

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離してますか?