しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

「インスタ映え」お料理について思っていること。

インスタ映え料理について、思うこと。

どうも、しずこです。 

今日の話題は「オシャレなお料理」のこと。

SNS映え・インスタ映えとも言う。

 

そんな煌びやかなお料理は、女子の大好物ですよね!

かくいう私も、綺麗に盛り付けられたお料理を前にするとスマホを構えてしまうタイプです。

インスタには上げずとも、結構こだわって写真を撮ります。

画像を加工して、後でニヤニヤ眺めるのも楽しいです。

(もちろん目上の方と行ったときは、やりませんよ!) 

 

しかし、偏見を承知で言いますが。

そういった、「インスタ映え」を重視するお店の中は、男子受けが良くない。

そして一部ですが、「味」が二の次になっているお店があると思います

 

 

■何故、「男子受け」しないのか。

要因その①。「そもそもの客層が女性に偏っているから」

多分これ、結構大きい要因だと思います。

おじさんサラリーマンだらけのラーメン屋さんに、女性1人では入りづらいのと一緒。

周りでキラキラ女子会が開かれまくってる中で、男性1人だと…

なんというか肩身が狭くなる気持ち、分かる気がします。

 

 

要因その②。「ご飯の量が少ない!」

ちなみに私は女ですがコレ、時々思います。笑

オシャレカフェのご飯は「軽食」だから少ないんですよね。

私でさえ足りないと感じることがあるのに、たくさん食べる男性なら…

うん。

しかも、割と値段も高いことが多いですしね。

このサンドイッチに1000円なら、近所のラーメン屋で大盛りにしてライスつけてもお釣り来るわ!ってなりますよね。

わかる。仕方ない。

 

 

■男子はやっぱり食べ応え重視!?

f:id:sizukura:20170911144251j:plain

 

もうこれは、ウチの夫の個人的意見ですが。笑

「食事は、肉と米があればそれで満足」

肉の味付けが「米進みまくる系」だとなお良し。

だそうです。

 

以前働いていた職場で、後輩男子にも聞いてみました。

すると90%くらい同意を得られたので、

あながち間違ってもいないのかもしれません。

(栄養バランス的には完全に間違っていますが)

 

ちなみに肉の味付けが薄いときと、野菜が多いときは…難色を示したりします(コラ!)

 

 

■でもやっぱり、料理は見た目だけじゃダメ

料理は「最初に目で楽しむ」なんて言われますので、見た目の美しさや盛り付けの仕方も大切です。

「美味しそうに見えるように盛る」のも、その後の食事の時間をより楽しむために必要だと思います。

 

でも昨今の、インスタ映えと見た目だけ重視して、味は二の次!みたいな料理がどうしても許せない私がいます。

 

見栄えの為にバリバリ着色料使ったり、とかね。

 

インスタ映えするアイスを頼んで、写真だけ撮ったら残して捨てる、なんて事件もありましたね。

 

これに関しては、「捨てるなんてもったいない、とんでもない」という意見もありました。

が、「お金払ってるんだから、捨てようが食べようが自由でしょ」という反対意見も。

どちらの言い分も、もっともです。

ですが私は可能な限り、食品は無駄にしない方が良いと思っています。

 

 

■最終的に、ただの愚痴

インスタ映え」という言葉は、2017年の流行語大賞でした。

今後は流行り終わって、いつか死語になるのかもしれませんね。

見た目を重視するのも良いけど、やっぱり食べ物はおいしさと安全性あってこそだよなぁと思います。

 

そもそも何でこんな記事書いたかって、街中のインスタ映えカフェ()で食べたサンドイッチが意味不明な高価格かつ自分で作った方が美味しいレベルのクオリティだったせいです。

はい、腹いせです。

店で作って出してるのに、どうやったら下側のパンがトマトの汁でベチャベチャになるんだ!

許せーん。

 

…という愚痴でした。

お付き合い頂いた優しい貴方。ありがとうございます。

貴方は美味しいカフェに巡り合えるように、祈っております。

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓  ↓  ↓

ブログ村ランキングに参加しております。

おもしろくって、ステキなBlogがたくさんですよ!

↓  ↓  ↓ 

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

 

シンプルで豊かな暮らし

料理、クッキング

シンプルでナチュラルな生活

ココロと体が喜ぶごはん&日々のできごと