しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

プレゼントで頂いたものは、大切に使いたい。ミニマリストとプレゼントについて考えてみました

f:id:sizukura:20180117090438j:plain

■プレゼントあげる派・もらう派・使う派。

しずこです。

今回は「プレゼント」について考えてみました。

 

おめでとう、ありがとう、ごめんなさい…

そんな相手への気持ちを、ちょっとしたモノに込めて、贈る。

プレゼントって、贈っても、もらっても、ほっこりする素敵な慣習ですよね。

 

しかし、ミニマルライフ・シンプルライフブログを読んでいると、時々「プレゼントはどうする問題」について書かれているのを目にします。

 

それはつまり。

 

贈り物をもらうのか、断るのか。
もらったものを、どう処分するのか。
そもそも贈るのか。

 

私は、ありがたくも頂いたものは、大切に大切に使わせて頂く派です。 

なので、この話題を見たとき、悲しくなったというのが正直な気持ちでした。

 

 

 

■プレゼントとミニマリズム

この記事は、誰か特定の個人を攻撃するためのものではない、という事を、最初に書いておきます。

あくまでも、私の個人的な考えですが、反論を恐れず書きます。

その考え方や行動を止めてほしいのではなく、こう感じる人もいるよ、という。

 


さてミニマリストとは、自分の生活から一切の無駄という無駄を排除する、という考えを持っている方々のことを呼ぶと思います。

なにが「無駄」なのかについては人それぞれですが…

「人から不可抗力で頂いたもの」が「無駄」に分類されることがままある、というのは想像に難くありません。

 

そりゃもうDI〇もビックリの勢いで、

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄ァ!!!』

と、服や、場合によっては家具や家電まで捨てて、スッキリした部屋。

次、これをキープするのに必要なのは、「モノを家に入れない事」ですからね。

私も服の断捨離をした上で痛感しているので、そこはとても理解できます。

 

でも、もし。

 

食器や家電なんてプレゼントしたら、速攻で「気持ちは受け取ったし、メルカリしよ」なんて考えられてしまうんでしょうか。

 

私ならショックです。

 

「私もうちょっとで誕生日だけどミニマリストだから、プレゼントはギフト券がいいなぁ~チラッチラッ」みたいな反応されたら。

 

私なら友達やめかねない案件だと思います。

 

ミニマリスト」だからって、周囲の人に完全理解を求めるのは、なんだか違うなぁと思うんです。

 

 

■私やっぱり、完璧なミニマリストにはなれない。

sizukura.hatenablog.com

 

かく言う私も、去年12月にこんな記事を書きました。

この時の私は、そんなにモノ買わなくても、生活できるのにー!と、愚かにも思いあがっていたと思います。

「自分が良いと思った考え方」って、人に教えたくなってしまうんですよね。

その人も同じように良いと思うかは、分からないのに。

 

今まで1年間、「ミニマリストすごい!尊敬!!」と、割と盲信的に過ごして来た私。

ですが、初めて「ん?」と疑問を抱いたのが、今回の「プレゼント」に関する考え方でした。

 

やっぱり私、完璧なミニマリストには、なれそうもありません。

 

誕生日に金券のプレゼントでは、何だか味気ないです。

喜んでもらえるかもしれないけど、なんだかちょっと冷たい。

そして、金額がバレるのも地味に気まずくないでしょうか?

仲の良さを、金額ではかられてしまう気がして…

 

その人のことを考えて、選んで、贈る。
気持ちまで受け取って、大切に使う。

 

ミニマリスト失格でも、私はそんな繋がりを大切にしたいなぁと思っています。

 

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓  ↓  ↓

当ブログ「しずくら。」は、ブログ村ランキングに参加しております。

ぽちり、と押していただけますと、励みになります。

↓  ↓  ↓ 

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

 

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離してますか?