しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

周りの人にミニマリズムを押し付けてはいけないと、わかっていたはずなのに。

 

f:id:sizukura:20171213135659j:plain

■反省。

私とショッピングに行くのは楽しくない、かもしれない。

正しくは、楽しくないものにさせていた。

と、最近気付いて後悔しています。

 

「あんたと買い物に来ても、何も買えないよ…」

 

この前、母と一緒に買い物に行った時。

ついにこんなことを言われてしまいました。

 

 

 

■やってしまった。ミニマリズムの押しつけ

コトの発端は些細なものでした。

 

マキシマリストな家族の筆頭、私の母が「駐車料金をタダにするために」 3000円程の何かを買おうとしていたのを、つい止めてしまったのです。

 

「…それ、本当に使うの?」

 

はい出ました。

なんちゃってミニマリストの悪い癖です。

 

 

どんな些細な出費でも、本当にいるのか、すぐに使うのか考えてしまう癖。

 

よくよく考えてみれば、別に母が何を買おうと、何にお金をかけようと、私には何も関係ないこと、ですよね。

極論ではありますが、実際お財布も別、住んでいるところも別なわけですから。

 

 

 

f:id:sizukura:20171213141203j:plain

 

■否定から入るのは良くない事

母にとっては、私の生活ルールを押し付けられる謂れなんか無いんです。

 

シンプルライフを目指すのも、無駄な出費を抑えたいのも、ぜんぶ私の勝手。

 

そして、わざわざ「何も買わせてくれない」と言われるくらいには、他にも色々ストップかけてたんでしょう、多分。

 

UNIQLOに行っても、

「えーそれ、本当に着る?」

 

スーパーに行っても、

「いつもそうやって買いだめして結局食べないじゃん!」

 

思い返してみれば、口癖レベルで、全部のものを否定から入っていました。

最低です。押し付けも甚だしい。

しかも自分がやられたら、多分怒るくせに。笑

本当にお恥ずかしい限りですね。

 

 

■人の楽しみに水を差してはいけない

楽しみは、人それぞれなんです。

 

そんな当たり前のことを、ひしひしと感じながら反省しきり。

母にとっては、「色んなものを買う事」が楽しいことなんです。

私にとっての、モノを手放したり、本当に買うか悩んだりする事と同じくらい。

 

人の楽しみに水を差すって、一番やってはいけないことですよね…

ヨソはヨソ、ウチはウチ!

…と言い聞かせながら、次会ったときは母に優しくしようと思うのでした。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓  ↓  ↓

ブログ村ランキングに参加しております。

おもしろくって、ステキなBlogがたくさんですよ!

↓  ↓  ↓ 

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

 

シンプルで豊かな暮らし

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

断捨離してますか?