しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

リブニット、買い換えました。

f:id:sizukura:20171104161559j:image

◾️買い替えは思い切って、躊躇せずに。

こんにちは、しずこです。

インスタグラムの方に先に書きましたが、黒のリブニットを買い替えました。

購入したのは予定通り、UNIQLO:コットンカシミヤリブセーター」です!

 

久しぶりのピカピカ新品!ニットに、にやにやしています(*´ω`*)

 

 

 

 

UNIQLO:コットンカシミヤリブセーター(Black)

f:id:sizukura:20171030141236j:plain

出典:UNIQLOhttp://www.uniqlo.com/jp/


コットン95%、カシミヤ5%の肌触りは言わずもがな。

ドライ洗いでお家クリーニングができるのも、非常にありがたいポイントです。

去年のユニクロのコットンカシミヤセーターも持っているので、実力は折り紙付きですね。

 

オンラインショップの在庫を見る限りでは、このブラックの在庫切れが一番早そうな印象。

オンライン限定のXSサイズなどは、すでに全カラー完売状態。

ホワイトもSサイズまで在庫切れです。(2017年11月4日現在)

 

やはりベーシックな白・黒は、早めの確保が大事なのかもしれません。

 

 

◾️着ない服への執着は、いらない

去年買った時は、とってもお気に入りだった、あの黒のニット。

プチプラなのに質が良くて、似合っていたので。

でも、手放す時が来たんだなぁと、なんだかスーッと受け入れられました。

大袈裟ですね。笑

でも、本当にこの1年の自分の成長を感じた瞬間です。

 

過去の私は、「昔似合った服」「お気に入りだった服」を絶対に捨てられない人でした。

 

〇〇に旅した時の服。

友達とのショッピングで買った服。

マネキンで見て、一目惚れした服…

 

捨てられませんでした。

その服を捨ててしまったら、思い出まで捨ててしまうような気がして…

 

でも、たくさんの「ミニマリズム」「シンプルライフ」の本を読んで、ハッと気がつきました。

 

服と思い出は、別物。

 

服やモノを捨てても思い出は残ります。

 

旅行に着て行ったなら、写真に写っていますし、なによりも自分の中に記憶しておけば、それでいいんですよね。

 

実際に着ない服や、使わないモノを溜め込んで、普段の生活をストレスフルにする必要は無かったんです。

 


 

 

◾️モノを大切にはするけれど

「1着の服を最後まで、大切に着る。」

 

シンプルライフを志したとき、初めに決めたルールです。

 

しかし、最後まで、とはいえ、「だらしない印象」は社会人としてNGですよね。

なので、毛玉が付いたりした服はサクッと手放すことにしています。

毛玉もけもけで治せなくなったタイミングが、私にとっての「最後」です。

 

いざ「手放すべきタイミング」が来た時は、迷いなく、今までありがとう、と送り出したいものです。

 

 

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

↓  ↓  ↓

ブログ村ランキングに参加しております。

おもしろくって、ステキなBlogがたくさんですよ!

↓  ↓  ↓ 

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 20代主婦へ
にほんブログ村

 

☆GUジーユーLOVE☆

*イイもの見っけ♪プチプラでオシャレ*

少数精鋭で着回すコーディネート

*シンプル&ナチュラルなお洋服と雑貨*