しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

日焼けと敏感肌。日焼け止めってどうなの?

■遊園地に行きました。

f:id:sizukura:20170531144317j:plain

先日、夫と私の平日休みが、たまたま重なりました。

年に何度かも無いような、珍しいことです。

せっかくなので、以前より行きたかった遊園地に行って来ました!

平日で空いている遊園地に行くって、大人しか出来ない贅沢ですね。

学校を休んで行くわけにはいかないですから。

 

 ■さっそく、UVカットカーディガンの出番!

 

f:id:sizukura:20170526140712j:plain

出典:UNIQLOhttp://www.uniqlo.com/jp/

 

5月の北海道にしては珍しい夏日で、25℃を上回る予報だったその日。

雲ひとつない快晴でした。

遊園地は日陰が少なく、滞在時間も長いので、日焼けリスクは最高レベル。

しっかり日傘・帽子・UVカットカーディガンの装備で行きましたよ!

 

sizukura.hatenablog.com

 

買ったばかりのカーディガンを着られてホクホクです。

暑そうだったので、インナーはノースリーブで正解でした。

 

■日焼け止めって結局、どうなんだろう。

遊園地で半日ほど野外にいましたが、日焼けはほとんどしませんでした。

やはり物理的に日陰に居る、ということは何よりも日焼け対策になるのだと思いました。

 

この時期の女性ファッション誌には「日焼け対策・美白」の文字が、ずらり。

読んでみると大体以下のような内容。

 

日焼け止めを塗るべき。敏感肌用も、乾燥肌用も出てるから買ってね
②それでも日焼けしたら、今度は美白化粧品で補って下さい
③日傘、帽子、衣服でのUVカットも効果的

 

正直、③だけでも十二分に効果がありました。

①・②は化粧品を作っている会社が、裏で動いている感じがします…妄想?笑

 

敏感肌の人が敏感肌用の日焼け止めで肌荒れを起こしたら。

下手をすれば日焼け以上のダメージを与えるのでは無いでしょうか?

「美白化粧品」で、白斑などの被害があったのも記憶に新しいです。

本当に必要な化粧品って、どこまでなのでしょうか。

 

超・敏感肌でアトピーの私の場合、食べものや睡眠に気を付けて内側から肌をきれいにする方が効果があったみたいです。

「美容液」に含まれている美容効果<<「美容液」の添加物の悪影響

ということですね。

肌が丈夫なら、恩恵をしっかり受けられたりするのでしょうか?

今のところ、普段の生活では保湿用ヒルドイドクリームだけが私にとっての化粧品です。

 

どうしても、しっかりメイクしないといけない機会…結婚式にお呼ばれした時などは、

前使っていた松山油脂の化粧水とカバーマークを使おうと思っています。

経験上1日くらいならガッツリメイクしても肌荒れしません。

続くとどうしてもダメなんですよね…(^^;

どんなに肌に合っている化粧品でも、添加物はゼロではありませんし、肌にダメージを与えるものなのですね。

 

  

 

ここまでお読みくださりありがとうございました。

↓  ↓  ↓

ブログ村ランキングに参加しております。

もし、共感していただけましたら「読んだよ!」のしるしにポチリとお願いします。

↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする