しずくら。

― 北国アラサー主婦の静かな暮らし ―

お金と節約について真剣に考えること。

■「節約」を長く続けたい。お金をしっかり貯めたい。

f:id:sizukura:20170530101145j:plain

近頃、「お金」のことを真剣に学ぼうと思っています。

なぜか日本人は不思議なところで奥ゆかしさを発揮するもので、「お金」の話をタブー視するきらいがありますが。

いくら無駄をそぎ落としたシンプルライフを送るとしても、お金なくして生活することはできません。

 

今こうして、家の中でパソコンの前に座り、暖房に当たりながらブログを書いている。

手元には紅茶も。

家具やパソコン、食器など目に見えるモノ以外にも、家賃・通信費・光熱費・水道費…

何気ない日常は全て、お金を払った対価で出来ています。

 

■ 自分が何にお金を払っているのか、把握する

これはもう、どの「節約」「お金」の本にも一文目に出てくると言っても、過言ではないと思います。

・家賃や通信費、車の維持費などに代表される「固定費」
・食費、娯楽費、交際費などの「変動費」

これらを合わせた「出費」を自分の家庭の「収入」と比較すれば、いくら貯金できるのか分かるという寸法ですね。

私は半年ほど家計簿をしっかりつけてみて、お金の出入りを平均して把握してみました。

ずっとつけているのは大変なので、そこからは「予算型」に切り替えました。

「1か月の食費は30000円」のように区切れば、余った分で外食したりと「どんぶり勘定」でも貯蓄できますから。

 

 

■「変動費」より「固定費」を削る

良く言われているのが、「変動費」よりもまずは「固定費」を削れ、ということ。

私は「固定費」である通信費を見直し、格安スマホに乗り換えて1か月5000円以上節約に成功しました。

乗り換えたことのデメリットは特になく、もっと早くやっていれば良かったなという印象。

音声通話もそんなにしませんのでね。知り合いや家族ならLINE通話で十分です。

 

「変動費」代表の食費を削るとなると、たかだか1円2円の為に何件ものスーパーをハシゴする必要があったりしますよね。

私はやったことがありませんが…

だってスーパーをハシゴするには「時間という対価」を払わなくてはいけません。

商品を探して、特売品なら争奪戦になっているかもしれなくて、混みあっているレジに並んで、買ったと思ったら次のスーパーに行って…

考えただけで気が遠くなりそうです。

買い物に午後の4時間を費やすなら、パートの仕事をして稼いだほうがよほど、収支がプラスになるのではないかと思います。

 

 

■「ポイント貯まる!」に踊らされない。

ポイントを貯めたくて、買い物を「させられて」はいないか。

これを考えた結果、「アパレルショップのポイントカード」「食料品店のポイントカード」を手放しました。

だって意味がないので。

「ポイントで500円クーポンになって、お得だったわ~」とは思えないんです。

その500円クーポンを使うために、例えば2000円以上のお買い物じゃないといけない、のような縛りがあることが多いからです。

つまりお店側からすれば差し引き1500円の売り上げが出ているということですよね。

さらに言えば、ポイントを貯める過程でもかなり買い物をしているはずです。

 

また、ネットショップでよくある「今ならポイント20倍!」も買う前に良く考えて。

 

本当に必要な・欲しいものでしょうか?

ポイントが欲しくて買ってはいませんか?

また、期間限定ポイントを使うために買ってはいませんか?

 

こういったネガティヴな理由で買い物をすると、私は大抵後悔していました。

せっかく買うなら、楽しく、充実感をもって

「ああ、これは本当に欲しかったものだ」

と満足して買いたいものです。

 

 

シンプルライフを目指したとき。

一番シンプルにして、無駄を削ぎ落として、目に見える効果があるのは「お金」でした。

もちろん生活を豊かにする「贅沢」も、ある程度はあって然るべきもの。

贅沢をするためにも、家計を見直すのは大切だと思います。

 

 

ここまでお読みくださりありがとうございました。

↓  ↓  ↓

ブログ村ランキングに参加しております。

もし、共感していただけましたら「読んだよ!」のしるしにポチリとお願いします。

↓  ↓  ↓

 

にほんブログ村 ファッションブログ シンプルカジュアル系へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(服)へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村